Wellulu-Talk

公開日:  / 最終更新日:

【蜷川実花氏×宮田教授×堂上研:前編】都心に現れた“体験型”巨大展覧会!ウェルビーイングなクリエイター集団「EiM」が生み出す、掛け算のアートとは

2023年12月5日、写真家・映画監督の蜷川実花さんによる“作家史上最大”の展覧会「Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」が幕を開けた。舞台は、地上45階、総面積約1,500㎡、天井高さ最高15mに至る、虎ノ門ヒルズ「TOKYO NODE GALLERY A/B/C」。夢のように咲き乱れる花々、祈りをもたらす光――都心に出現した“桃源郷”にひとたび足を踏み入れれば、見慣れたはずの日常風景が鮮やかに塗り替えられていく。

見る者の心身を揺さぶるアートを作り出したのは、蜷川さんと宮田裕章教授を核としたクリエイター集団「EiM」。各々の個性を掛け合わせ、“メンバー全員が楽しむ”ことだけを純粋に追い求めた「ウェルビーイングなアート」とは。

 

蜷川 実花さん

写真家・映画監督

写真を中心として、映画、映像、空間インスタレーションも多く手掛ける。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)はじめ長編映画を5作、Netflix オリジナルドラマ『FOLLOWERS』を監督。最新写真集に『花、瞬く光』。クリエイティブチーム「EiM : Eternity in a Moment」の一員としても活動している。
https://mikaninagawa.com

主な個展
「蜷川実花展」台北現代美術館(MOCA Taipei)2016年
「蜷川実花展—虚構と現実の間に—」2018年-2021年(日本の美術館を巡回)
「MIKA NINAGAWA INTO FICTION / REALITY」北京時代美術館2022年
「蜷川実花 瞬く光の庭」東京都庭園美術館2022年

宮田裕章さん

慶應義塾大学医学部教授

2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士
2025年日本国際博覧会テーマ事業プロデューサー
Co-Innovation University (仮称)学長候補
専門はデータサイエンス、科学方法論、Value Co-Creation
データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。
医学領域以外も含む様々な実践に取り組むと同時に、世界経済フォーラムなどの様々なステークホルダーと連携して、新しい社会ビジョンを描く。宮田が共創する社会ビジョンの1つは、いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人ひとりが輝くという“共鳴する社会”である。

堂上 研さん

Wellulu編集部プロデューサー

1999年に博報堂へ入社後、新規事業開発におけるビジネスデザインディレクターや経団連タスクフォース委員、Better Co-Beingプロジェクトファウンダーなどを歴任。2023年、Wellulu立ち上げに伴い編集部プロデューサーに就任。

1650名の心を震わせた開幕前夜

堂上:本日ついに「Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」が開幕しました。昨日のメディア向け内覧会とレセプションには僕も伺ったのですが、すごい盛り上がりでしたね。1000名以上がいらっしゃったとか。

蜷川:1650名とちょっとかな。多様な人たちが本当にたくさん来てくださいました。

堂上:レセプションの5日前にもお伺いさせてもらいましたが、あの時点で展覧会の完成度は1割ほどとおっしゃっていましたよね……?

宮田:メディア公開当日、最初のお客さんが入るギリギリ2分前にオールアップしたんです。「あと2分でどうするんだ、終わらないぞ⁉」という局面からどうにか仕上げて、『SLAM DUNK』山王戦の最後のハイタッチの様なテンションで、メンバーと「できた……!」と(笑)。

蜷川:本当に大変でしたけれど、楽しくやれましたよね。

宮田:内覧会にお越しいただいた皆さんが、余韻を噛み締めるように長くとどまってくださったのが嬉しくて。顔ぶれがまた面白かったんですよ。アート展でありつつも、財界の
トップから原宿の若者まであの場に集ってくださった。

蜷川:東京のここでしか起きえないコミュニティと交流だったと思います。

入り口は広く、入ったら深く

宮田:蜷川さん、会見で「入口は広く、入ったら深く」とおっしゃったでしょう。

蜷川:クリエイターの姿勢として、私がデビュー当時からずっと大事にしていることですね。

宮田:クリエイターの世界では「分かる人に分かればいい」という、ある種の拒絶の中で価値を上げていくスタイルもあります。一方で、多くの人に開きながら深さも両立することを目指すのはかなり大変なのですよね。改めてEiMにとって大事なコンセプトだと思いました。

堂上:なるほど、「入口を広く」というのはウェルビーイングにも通じる考えですよね。

宮田:今回の展覧会には、冒頭の枯れた花、朽ちた花をモチーフにした「残照」や、死や別れをテーマにした「瞬く光の中で」など、ネガティブな要素をモチーフにした作品もあります。色と光に溢れるポジティブな部分にのみクローズアップするのではなく、世界や人々の中にあるネガティブな部分とも向き合い、その上でどのように一歩踏み出すのか?という点を大切にしています。従って根底には「来場してくれた人々が未来に向かって歩いていく、その道のりに寄り添うものにしたい」というウェルビーイングに通じる部分があります。

蜷川:想いが伝わったのか、会場に来てくださった方々はみんな楽しそうでしたよね。フィードバックをもらっていくと、思った以上にこちらの狙いがきっちり刺さっている。公開前は、鮮やかな花々が咲き乱れる「Intersecting Future」が圧倒的に人気を集めるだろうと思っていたんです。でも意外とそうではなくて、「あの空間はもちろん好きだけれど、ここも感動した、あの作品も良かった」と皆さん口々に語ってくださって。私の周りでは「白い部屋のシャボン玉の作品「瞬く光の中で」が好き」という声が多かったです。皆さん作品の意図をとても深いところでしっかりと掴んでくださいました。ちょっと驚くほどでしたよね。

Embracing Lights

宮田:「映えてるから良い」という楽しみ方ももちろん良いのですが、それだけではない部分を感じてもらえたのが良かったです。「ずっと写真を撮っていた人たちも、最後の部屋(Embracing Lights)ではみんなスマホをしまって、映像にじっと見入っていました。あの空間を含めて、“一緒に祈る”ことを体感できたのがとても良かった」と感想を伝えてくれた方もいたのですが、体感の言語化は私たちにとっても非常に大切なことです。2つのスクリーンを重ねて作った「Breathing of Lives」に惹かれる人もいれば、地平線まで街である東京の眺望と映像がシンクロしながら見る人を飲み込んでいく「Flashing before our eyes」の体験に没入している人もいました。

蜷川:私はマスに向けて作品を作ることも多いのですが、やっぱり観てくださる方には思いが必ず伝わるんです。言語化はされずとも、こちらが制作した意図を皆さん絶対にキャッチしてくれる。どれだけ思いを込めて作ったかという熱量も本当にそのまま伝わるんですよね。どの作品にも魂を込めて作ったからこそ、花が咲き乱れる空間以外にも、それぞれの「好き」を見つけてくださったのかなと。ああ、ちゃんと受け取ってもらえたんだとあらためて感じ入りました。正直、昨日はパーティーもありましたし、“展覧会を純粋に体験できる”とは言い難い場だったと思うんです。それでも作品の奥深くにあるものを、しっかり掴んで帰ってくださった。

宮田:皆さん「作品についてもっと語りたい」という空気を纏っていましたよね。

堂上:確かに、笑顔で感想をお話しされている方を何人も見かけました。

蜷川:やっぱり面白い映画や舞台を見た後って、喫茶店に入って「あのシーンはどう思った?」と語り合いたくなるじゃないですか。展覧会といっても、ただ作品を飾るのではなくて、壮大なストーリーを観終わったような「体験」をもたらしたかったんです。会場を出てこられた皆さんの様子を見て「ああ、良かった。思った通りに楽しんでもらえている」とホッとしました。

原点は「枕草子」

堂上:そもそもお二人は何をきっかけに作品作りを始めたのですか?

宮田:京都でのプロジェクトで、2021年に私が枕草子を現代的に解釈する企画を行いました。“清少納言に通じる感性”を持ったクリエイターということで蜷川実花さんと、料理人の庄司夏子さんにお声がけしました。宮田がコンセプトを作り、それに対応した写真を撮影してもらい、また言語化するというプロジェクトで、これが結構、可能性を感じる共創でした。

堂上:今回の展覧会の解説にも「枕草子」が出てきますよね。お二人にとっての原点だったわけですか。

宮田:そうですね。それと2021年の秋に蜷川さんがキャリアの集大成として、上野の森美術館で個展(「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」)を開かれたんです。そのテキストを宮田が執筆しました。蜷川さんが撮ったものを私が再解釈することで、写真そのもののアプローチを深めていくという方向です。コンセプトを作ってから撮ってもらい、上野の「蜷川実花展」では撮影した写真に解釈を加えていくという、2つの方向でコラボレーションしました。

蜷川:それから、2022年には富山県美術館の「蜷川実花展」でご一緒して。今回も展示されている「胡蝶のめぐる季節」を制作しました。それまで私はアートでの映像作品って、ごく軽いものを2~3点しか撮っていなかったんですよ。重きは置いていなかったけれど、ずっと気になっていて。そこにちょうど、宮田さんが「映像作品を作りませんか?」と声をかけてくださったんです。

胡蝶のめぐる季節 Seasons: Flight with Butterfly

宮田:京都でのプロジェクトと上野での個展を経て、蜷川さんと映像を軸にした作品を作ったら面白いかなというアイデアが浮かんだんです。つまりアート作品を本格的に撮り始めたのが2年前という……。

蜷川:恐ろしいですね(笑)。今回の作品もほぼ1年以内に撮っています。森ビルの杉山央さん(本展のプロデューサー)が、「TOKYO NODEで開催しましょう!」と決めてくださった時には、「胡蝶のめぐる季節」ただひとつしか作品がなかったんですよ。あとはプロトタイプがちょこっとあったくらい。

宮田:例えるならば、一曲しか作っていないバンドなのに、武道館でのライブが決まってしまったという(笑)。我々のポテンシャルに対する杉山さんの期待には、感謝するばかりです。

蜷川:だから頑張ってフルアルバムを作ったんです。鼻血が出そうになりながら(笑)。

クリエイティブチーム「EiM」誕生秘話

堂上:「EiM(Eternity in a Moment)」というクリエイティブチームで展覧会を作り上げたのも非常に興味深いのですが、どういった行程で制作されたのでしょうか?

蜷川:他のメンバーは役割分担がはっきりしていて、造形物、音楽、編集、映像、それぞれにプロフェッショナルがいるんです。私と宮田さんが揉んだアイデアを彼らに投げかけると、様々なフィードバックをしてくれる。

宮田:私たちはいわばバンドですが、作詞作曲を誰か個人が一手に引き受けているわけではありません。コアである蜷川さんと宮田から、桑野君やセットデザイナーのEnzo君にアイデアを投げていく。そうして、それぞれが持っているまったく違うネットワークやコミュニティから、新たな人やアイデアをどんどん引っ張り込んでいきました。それこそEiMに参加してくれた細川剛君は、堂上さんの紹介でしたよね。

堂上:宮田教授に「いい人いませんか?」と訊かれて、彼しかいないと思ったんです。Welluluのロゴの生みの親ですから。

宮田:今使っている、私の名刺も細川君が作ってくれました。あの名刺は、名だたるアーティスト、クリエイター達からも「これは今までで見た、ベスト名刺だ」と言ってもらえることが多いです。

蜷川:そうだったんですね!

宮田:とはいえ細川君に参加を無理強いできないので、堂上さんや細川君に「蜷川実花さんとのアートプロジェクトに関心がありそうなクリエイターを推薦してもらえませんか」と投げ掛けてみたんです。そうしたら細川君が「僕、やりたいです!」と自ら履歴書を送ってきてくれて(笑)。

堂上:細川君は宮田教授と出会ったことで、すごく世界が広がったと喜んでいました。EiMのロゴも彼がデザインしたんですよね。現在、チームは何名で構成されているんですか?

宮田:10人以上ですね。各方面で紆余曲折を経てこじれたプロフェッショナルが組んだチーム、それがEiM(笑)。学生のころはノリでチームが組めますが、社会に出るとビジネスで集まるケースがほとんどですよね。その一方でEiMは全員有志の集まりです。

蜷川:お金の話は出たことがないですね。全員が「楽しむ」、その一点だけを大切にしてきました。ここに集結して「何か本気で作ってやろうぜ」と。象徴としての蜷川実花がいて、宮田さんはリーダーとして、コンセプトを立て、言葉でしっかりチームをまとめてくださっています。私の映画に携わってくださっている方もたくさんいるので、技術の基礎はもちろんしっかりされていますし、頭のどこかしらに「蜷川実花らしさ」が在る。「蜷川実花は何を良しとするのか」を全てわかってくれているんです。だからこそ私たちが投げたアイデアを、各々の発想に任せてかなり自由に構築してもらいました。

堂上:多様なバックグラウンドを持ったスペシャリストたちが集まり、共鳴し合ったわけですね。チームの想いが作品を通じて僕らにも伝わってきたからこそ、自然と笑顔で会場を後に出来たのでしょうね。

<EiMのロゴデザインについて>
蜷川さんの写真作品を様々な書形に切り抜き重ねることで浮かび上がる、光の景色をロゴとしました。
名称にあるEtanityとMoment。一瞬はその前後のストーリー無しでは存在できず、永遠は一瞬の連続性。
それはまるでメビウスの輪のように一体であると考えた時にこのアイデアが立ち現れました。
一文字につき、時間を象徴する数として『24』枚の写真を重ねています。
また様々なストーリーを持った人たちがその時々で有機的に集い、
アイデアを重ね合う形態をとっているEiMというチームの存在自体もそのイメージに重ね見ることができます。
                                               細川

俯瞰と寄りが交差する「EiM」の制作術

堂上:ここからは、展覧会の内容により踏み込んでいこうと思います。作品の世界をめぐっていくなかで、ストーリーが立ち現れてくるのが非常に面白く感じました。

蜷川:個別にクレジットがついている通り、作品は全て独立しています。並べ方次第で物語が決まるので、どんな流れにすべきか何度も何度もやり直しました。

堂上:それだけブラッシュアップが相次いだのは、制作を進めるうちにインスピレーションが湧いていったからでしょうか?

蜷川:そうですね。加えて、全部が新作なので、全体像が見えない中で考えなくてはいけなくて。作っているうちに最初のコンセプトから随分膨らんで、思いがけないテーマまで許容することもありました。なので、ある程度出来上がってから「あっ、違う! この並び順じゃない」と気づくことが多々ありました。

堂上:「こんなものを作りたい」という具体的なゴールは、蜷川さんからメンバーに共有されていたのでしょうか?

蜷川:私は「ここに向かっていこう!」とかっちり固めないタイプなんです。アメーバみたいに、やっていく中で様々なことが生まれて、次々と繋がっていく。

宮田:俯瞰的な視点でコンセプトを決めたり、ゴールを定めることは主として私が行っています。一方で蜷川さんは、それとはまったく違うアプローチで「今、目の前に見えているこの美しいものをどうするのか」という部分。この“寄りの視点”に凄まじいキレがあります。

蜷川:とはいえ、パキッと役割分担されていたわけではないですよね。お互いに俯瞰の目線も寄りの目線も持っていて、それが交差する瞬間がありました。

宮田:蜷川さんが俯瞰の視点から作品を再構成することもあれば、私が寄った視点でモチーフを提案することもあります。

蜷川:宮田さんが「光が……光が欲しいんだよ!!」って主観で主張されたこともありましたね。私は「光ですね、了解。じゃあ入れますか」と冷静に返して(笑)。

宮田:あはは、私は、そんなに鬼気迫っていましたか(笑)。

枯れた向日葵が語る「死と再生」

堂上:本展は、枯れた花が吊り下げられた「残照 Afterglow of lives」で幕を開けます。「蜷川実花さんといえば華やかな世界」と思っていたので度肝を抜かれました。散りゆく花から、次の生命が生まれる。あの発想は蜷川さんの中にもともとあったのでしょうか?

残照 Afterglow of lives

蜷川:いえ、私にとっての花のイメージは、やはり鮮やかに咲きこぼれる姿。「枯れた花」は宮田さんの発想です。

堂上:なるほど、チーム制作だからこそ生まれた作品なのですね。

蜷川:そうですね。宮田さんから受け取ったコンセプトを、私が映画『ヘルタースケルター』の時から組んでいるセットデザイナーのEnzoくんチームと共に実際に形にしていく。皆で話し合いながら作っていった融合型の作品です。

堂上:僕はあの作品がとても好きなんです。メインビジュアルにも枯れた向日葵が写し出されていて、とても目を引かれました。

宮田:実は蜷川さん、これまで向日葵があまり好きではなかったそうです。

蜷川:みんな太陽に向かってキラキラしているのがね……。同じ顔というか、面白味がないなと思っていたんです。

宮田:ただ私は向日葵の枯れる姿、朽ちる姿にとても魅力を感じました。向日葵って咲いている時は一様に見えても、枯れる時は多種多様なんですよ。ガクーッとうなだれているものもあれば、立ち尽くしたように枯れていくもの、ラオウのように天を突いて生を終えた一輪もある。

蜷川:そうなんですよね。向日葵は枯れ方にとても個性があるということに気がついてからは、見る目が変わりました。Enzoくんも枯れた向日葵に並々ならぬ愛着を持っていて、「蜷川さんは向日葵が嫌いって言ってたから言い出せなかったんだけど、実は……」と、打ち明けてくれました。10年以上のつきあいなのに(笑)。

宮田:向日葵というモチーフを通じて、異なるクリエイターが大切にしていたものが繋がっていったんです。片岡真実さん(森美術館館長・本展ではアドバイザーを務める)の指摘も大きかったですね。「ストーリーとしてアップダウンがほしい。暗い部分があってこその輝きだから」というアドバイスは、今回の展覧会においても重要な核となりました。

蜷川:暗がりから始まるのは片岡さんのアイデアですものね。キュレーターならではの素晴らしいアドバイスをいただきました。

宮田:こうして振り返るに「残照 Afterglow of lives」は、チームやアドバイザーの方など、様々な関係性の中で生み出された作品ですね。

「都市の美しさ」に没入する

蜷川:続く「Unchained in Chains」「Breathing of Lives」「Flashing before our eyes」は連作になっています。

Unchained in Chains

宮田:「Unchained in Chains」と「Breathing of Lives」は音も繋がっています。二つの作品の境界をまたぐ時に不思議な音場体験ができるはずです。オープニングの枯れた向日葵の空間で一旦、気持ちを落ち着けた後には、境界そのものを溶かしていくアートが続いていって、そこから一度通路に出る。自然光がバーンと入って来ると我に返ってしまうので、窓を赤いベールであえて不完全に覆いました。まったく見えないのも面白くないですし、ここが地上約200mであるという浮遊感を味わってもらえれば作品に溶け込んでいる感覚にも繋がる。昼と夜、それぞれの表情を想定しながらあの通路を作りました。

Flashing before our eyes

堂上:その通路の先にある「Flashing before our eyes」も印象的でした。最高天高15mのドーム型空間に都市の様々な顔が映し出されていく。実際の東京の夜景も作品の一部と化していて、迫力に息をのみました。「都市」をテーマに据えた意図を伺えますか?

宮田:蜷川さんと私は、フィールドが全然違いますし、属しているコミュニティも互いに接点がない。でも、都市に対する感覚はとても近かったんです。

蜷川:「都市の美しさとは何か」という問いへの答えがぴったり重なりましたよね。

宮田:夜になるとビルの上に灯る赤いサーチライト、あれが都市の呼吸のようでエモい! とか。無機物と有機物の間と言いますか、都会に息づいている人も生態系の一部ですし、人とともに作られてきた都市も、もはや生態系といえる。その共鳴の中でどう世界を見ていくのかを感じ取る目線が近しかったんです。

蜷川:そうそう。あと、私が昔から好きでずっと撮ってきた、水たまりに映るリフレクションに宮田さんも惹かれたり。

宮田:雨の夜の都市はまた別の美しさがありますね。そうした情感をどうやって映像の中に重ねていくか。このTOKYO NODEは都市のど真ん中なので、それを活かす作品にしようと方向づけました。

蜷川:「TOKYO NODEでやるからには夜間は絶対に窓を開けて、実際の夜景を作品に落とし込もう」と決めていました。この建物自体が凹凸のある特殊な形なので、相当に手を加えないといけなくて。結構苦労しましたね。

堂上:映像とその後ろにある街を見ながら、「僕はどこにいるんだろう」と分からなくなりました。没入感というのか、自分が作品の一部になったような気分で。

宮田:ああ、それは良かった。とても深いところまで感じ取ってくださって。

蜷川:「Flashing before our eyes」とそこに至るまでの通路は時間帯によってまったく感じ方が変わると思います。堂上さんは昨日の夜に来てくださいましたから、次はぜひ日中の展示を体感していただきたいですね。

宮田:昼の通路は自然光が射するので、街をよりよく見渡せるんです。

蜷川:確かに、通路は昼間が綺麗ですよね。「Flashing before our eyes」は日中、窓が閉まってスクリーンになるので、360度が映像に包まれるんです。それはそれで圧巻ですよ。

宮田:そう、昼間は真ん中に寝っ転がって見るのが宮田のオススメです。完全密閉のドームでぜひ映像に没入していただきたい。

「奇跡の時間」が訪れる、光の場

堂上:展覧会の世界をめぐるうちに、時間軸も分からなくなっていったんです。確かに夜訪れたはずなのに、自分が今、どの時間を生きているのか……。過去か、未来かすらも交差しているような心地でした。

Intersecting Future 蝶の舞う景色

蜷川:「Intersecting Future 蝶の舞う景色」は、特に時間感覚が狂う作品だと思います。映画を撮影する時は、例え夜中だろうと、照明を焚いて「昼間」にしてしまう。あの不思議な感覚を体験できる空間です。しかも5分周期で昼と夜が移り変わっていく。

堂上:ライティングが変化していくんですよね、驚きました。

宮田:「Intersecting Future」と題した通り、美しい景色が様々に交錯し、色とりどりの未来に繋がっていく。だから部屋が3つあり、来た道と次の作品へ進む道を含めて、五差路になっています。そこに、朝日が昇った時のふわっとした光や、夕日が落ちて全てが黄金色に輝く瞬間、雲間から射し込む太陽に、月明かりにやさしく照らされるひとときなど、一日の内のほんの数分、数十秒だけの“奇跡の時間”が訪れる。めぐる光の先に、人は郷愁を覚え、未来や希望、可能性までもを見出していきます。まさに展覧会タイトルの「Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」を感じられる「光の場」を作ろうと試みました。

蜷川:その光がめぐっていくと面白いのでは、と照明監督の上野甲子朗さんがアイデアを出してくださって。

宮田:僕たちが考えていることをど真ん中で捉えたうえで、さらに良くしようと優れた意見を出してくださいました。

蜷川:チームの全員が「じゃあ、こういうことですね」と驚くほどのクオリティで芯を掴みに来てくれて。個で立っていた人たちが集まって制作すると、ともすれば引き算や割り算になってしまいますが、今回は素晴らしい足し算や掛け算になったと感じています。

(左から)細川氏、蜷川氏、宮田氏、堂上氏

[後編はこちら]

【蜷川実花氏×宮田教授×堂上研鼎談:後編】立ち上がれない時こそ気づく“美しさ”がある。ウェルビーイングな未来を照らす、クリエイター集団「EiM」の光

 

[当記事に関する編集部日記はこちら]

蜷川実花さん×宮田裕章さん

RECOMMEND

←
←

Wellulu-Talk

日本人の根底にある「和の心」とウェルビーイングの深い関係

Wellulu-Talk

【敦子氏×余慶尚美氏×堂上氏】肩書きや環境に捉われない。ひとりの女性としてのウェルビーイングな生き方

Wellulu-Talk

【武井浩三氏×堂上研】“共感資本主義”から考える、お金に縛られないウェルビーイングな生き方

Wellulu-Talk

ミラツク代表が人と良い関係性を築ける理由。対話を重ね始めた原体験とは

Wellulu-Talk

【荻上健太郎准教授×立石真澄氏×堂上研】教育と親子のウェルビーイングを考える。守ってあげたい“子どもの領域”とは?

WEEKLY RANKING

←
←

Wellulu-Talk

【原菜乃華氏】俳優の仕事が日常のウェルビーイング

Biz 4 Well-Being

“心を照らす医療”の情報格差をなくし「ささやかな幸せ」を取り戻す〈アトラスト・ヘルス〉

Wellulu-Talk

【原田夏希氏】田舎と東京、海外での生活を経て辿り着いた家族のウェルビーイング

Wellulu-Talk

日本人の根底にある「和の心」とウェルビーイングの深い関係

Others

【メガロス】の口コミ・評判をリサーチ!体験談や料金についても紹介