Well-Being Challenge!

公開日:  / 最終更新日:

【ボクシングフィットネスジム ノア体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

効率的なメソッドに基づいたプログラム内容で、効率と楽しさを両立させた最新の暗闇フィットネスを楽しめる「ボクシングフィットネスジム ノア」。暗闇の空間には低音が響き、周りの目を気にすることなく取り組める。

ボクシング経験の有無、男女関係なく、ダンススクールも運営しているNOAならではのダンス要素を十分に詰めたプログラムは、とにかくハイな気分になれてリフレッシュしながら脂肪燃焼ができるんだとか。実際にどんなプログラム内容なのか?体験してきた。

今回体験した場所

【ボクシングフィットネスジム ノア 新宿校】

  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-3-14 新宿プラザ(受付6F)
  • 電話番号:03-5324-6385
  • 公式サイト:https://www.noaboxing.com/

今回案内してくれたインストラクターさん

Maashaさん

BOXING FITNESS GYM NOA インストラクター

好きを仕事に、フィットネスを通じて『幸』を提供していきたいという理由から、総合不動産という異業種から転身。身体を動かすのが大好きで、幼少期より空手道を15年間習っていた。高校時代はバスケットボールでインターハイに出場し、卒業後は毎年フルマラソンに出場して完走している。

「ボクシングフィットネスジム ノア 新宿校」のボクシングフィットネス体験へ

ボクシング×音楽×エクササイズを融合させた「ボクシングフィットネスジムノア」。30年の歴史があるダンススクールがプロデュースした、“楽しさ”と“効率”を追い求めた最新暗闇ボクシングフィットネス。

今回訪れたのは、新宿西口駅D4出口からすぐの場所にある「新宿校」。駅からスタジオまで近く、アフター5に楽しく充実した時間を過ごすために通う人も多い。エレベーターに乗って受付がある6階まで上がると、白を基調としたオシャレで開放的な空間が広がっている。

ここのロビーには、一緒にレッスンに参加した仲間やインストラクターさんたちとお話したり、のんびりリラックスした時間を過ごす人たちもいる。

受付を済ませた後は、更衣室で着替え。

更衣室のロッカーは全て鍵付きで、シャワールームも完備。また、メイクができる広々としたパウダールームもあり、女性がうれしいポイントをしっかり抑えている。

ウェアやタオルのレンタルも可能(有料)。初めて体験する人や急にレッスンを受けたくなった人も手ぶらで受講できる。

もちろん、ボクシンググローブは無料で利用可能!

着替えが済んだ後は、ボクシングフィットネス体験へ。

【レッスン時間:45分】合理的なノア独自のカリキュラム

暗闇のレッスンスタジオに入ると低音の音楽が響きわたる。今回参加したプログラムは「BA(BACK&ARM)」。肩甲骨を中心に、背中や腕の筋肉にアプローチする動きを取り入れた全身トレーニングで、肩の可動範囲を広げて上半身の強化を目的としたプログラムになっている。

「ボクシングフィットネスジムノア」には、他にもウエスト回りの引き締めを強化したプログラムや下半身をスリムにするプログラムなど、全身トレーニングを中心に各部位に特化した5つのジャンルがある。全ジャンルともに、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた内容になっているため、脂肪燃焼効果を高めつつ、ボディメイク・基礎代謝のアップも期待できる。

レッスンに入る前に、インストラクターのMaashaさんから基本動作(ガードの構えや4種類のパンチ)について説明を受ける。

Maashaさん:両足を肩幅より少し広げ、利き足を一歩後ろに下げてください。両手は一度パーにした状態から、小指から順番に握ってください。そして、親指を外側に向けて顔の前に両手を置いた体制で構えてください。

まず前に出ている手でパンチ。これが相手との距離を測る“ジャブ”です。次は後ろにある手でパンチ。これが相手に打撃を与える“クロス”と呼びます。思いっきりサンドバックに打ってください。そして“フック”。脇を締めた状態で相手の顎を打ちぬくイメージで横からパンチをしましょう。そして最後が“アッパー”です。相手のお腹(みぞおち)を狙って、膝の力も使って思い切りズドーンと打ってください。

ボクシング未経験でも、ていねいに説明してくれるため、基本動作はすぐに覚えることができる。ジャブ、クロス、フック、アッパー、これらのパンチをリズム良く打つ練習を終えたところで、本格的なボクシングフィットネスがスタート!

トレーニング体験➀:サーキットトレーニング

スタートするとともに、スピーカーから軽やかな音楽が爆音で流れてくる。

まずは腕立て、スクワット、腹筋、ジャンプなどを織り交ぜたサーキット形式のトレーニングを10分間おこなう。

最初はなんの問題もなく取り組めるが、時間が経つにつれ徐々に辛くなってくる。ただ、トレーニング中には、ずっとインストラクターMaashaさんの「アップ、ダウン、アップ、ダウン…。That’s right‼」などといった掛け声やリズミカルな音楽がスタジオ内に響いているため、筋トレに対するボルテージは上がりっぱなし!

スタジオ内に大ボリュームで流れるアップテンポの曲調に乗りながら、10分間のサーキットトレーニングを終えたら、次はシャドーボクシングのブロックへ。

トレーニング体験②:シャドーボクシング

続けて、シャドーボクシング。ジャブ、クロス、フック、アッパーなどのパンチに、軽やかなステップを組み合わせることで、下半身の強化にもつながっている。このシャドーボクシングのブロックで、サーキットトレーニングで高めた脂肪燃焼効果をさらに効果的に。

パンチを打つ動きだけでなく、相手の打撃を後ろによける“スウェー”、下によける“ダッキング”などの動きも。シャドーの動きもサーキットトレーニングと同じように、音楽に合わせて動くため、ダンスのようなイメージで楽しく取り組める。

Maashaさん:ジャブ、クロス、スウェ―、クロス…、so good nice so much‼‼‼‼ それではサンドバック打ちに入るので、しっかり水分補給を取ってからグロープを付けてください。

グローブの装着が完了したら、いよいよサンドバック打ちへ!

トレーニング体験③:サンドバック打ち&筋トレ

脂肪が燃焼し続けるアフターバーンの効果を目指し、25分間のサンドバック打ちでは有酸素運動と無酸素運動をサーキット形式で繰り返していく。

暗闇&音楽が響く非日常的な空間で、思いっきりサンドバックを打つことで日頃のストレスも解消していく!スタジオの中心ではMaashaさんが、参加者を鼓舞するような明るい声をかけ続けてくれるため、周りの目も気にすることなく夢中でボクシングフィットネスを楽しめる。

「リズミカルな運動で行うことで、『幸せホルモン』とも呼ばれているセロトニンが増え、リラックス効果も期待できます。また、体幹を鍛えることで、左右のバランスが整うので、腰痛・肩こりの解消にも効果的です」。トレーニング後、Maashaさんがボクシングフィットネスの魅力を教えてくれた。

ノア独自のカリキュラムによって期待できる心身の効果もすばらしいが、「とにかく楽しくボクシングフィットネスができた!」大量の汗を流しながら、きっとそんな感想を持つに違いない内容だった。

トレーニングの最後はストレッチで乳酸を除去。心拍数を緩やかに下げ呼吸を整えていく。

「ボクシングフィットネスジム ノア」のインストラクターMaashaさんにインタビュー

トレーニングを体験した後は、今回担当してくれたインストラクターのMaashaさんに、「ボクシングフィットネスジム ノア」のコンセプトや特徴など、入会前の気になる疑問を聞いてみた。

自分だけの空間で楽しむボクシングフィットネス

──まず始めに、ノア独自のボクシングフィットネスについて教えてください。

Maashaさん:ノアのボクシングフィットネスの目的には、発散・達成感・鍛錬の三つ要素があります。クラブのような高揚感のある暗闇で周りを気にせず、100%以上のパワーを「発散」できるところ、コンビネーションなどを身体で覚えて高速で打ち抜ける「達成感」を味わえるところ、「鍛錬」は筋肉と身体の変化を実感してもらえるところ、この3つの要素をお客様に楽しんでもらうエクササイズとなっています。

──なるほど、そのためのプログラムだったんですね。

Maashaさん:他にも、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた45分間のトレーニングで脂肪燃焼効果を高めていたり、ボクシングの動きでバランスよく全身のボディメイクができるなどもあるのですが、何よりも自分だけの空間で楽しくトレーニングに打ち込むことができるのが魅力ですね!

──確かに、とても楽しかったです。レッスン後にすごく汗をかいて、こんなにハードなトレーニングをしていたのか、と驚きました。音楽にもこだわりはあるのですか?

Maashaさん:R&B・HIPHOP・SOUL・J-POP・洋楽 ・K-POPなど、プログラムジャンルやトレーニングの内容に合わせてさまざまな音楽を流しています。動きの激しいトレーニングのときはアップテンポの曲を流したりして、曲調も意識しています。また、照明も活用しながらスタジオをクラブのような雰囲気にしています。

──プログラムジャンルの違いも気になるところですが、音楽の違いなども気になりますね。毎回、違うテイストの音楽を聞きながらサンドバック打ちをできたら楽しそうです。

Maashaさん:そうですね。他にインストラクターの個性やプログラムのレベルによっても変わってきますので、入会された方にはさまざまなプログラムをまずは体感するようにおすすめしていますね。またレベルについては、初心者向けのレッスンからストイックな方向けのレッスンまで、4段階で評価されているので、まずはレベル1やレベル2から入って徐々にレベルを上げていくとよいと思います。

──Maashaさんがお客様と接する上で大切にしていることは何ですか?

Maashaさん:暗闇の中での心と心のキャッチボールを大切に、お客様といかに会話できるか、ということを重視しています。気持ちは伝わると信じて、私自身が楽しみながらレッスンすることで、身体を動かすことの楽しさを伝えたいと思っています。

──お客様との距離も近そうですね。

Maashaさん:そうですね。さまざまなお客様がいらっしゃるのですが、レッスン中も皆様と近い距離でコミュニケーションをとるようにしています。そうすることで、レッスンが終わった後に、晴れ晴れとした素敵な表情になってもらいたいなと感じています。ボディメイクはもちろんですが、元気がほしいときとか、モヤモヤを発散したいときとか、さまざまな感情を全部レッスンにぶつけてもらえる環境づくりも大切にしています。

──今回体験してみて、Maashaさんのプログラムに参加したい!と思うお客様も多いんだろうなと思いました。本日はありがとうございました。

Wellulu編集後記:

最初スタジオに入った時はとにかくびっくり!がたくさんありました。暗闇の中に大ボリュームの音楽が流れ、とにかく異空間な感じがしました。そんな中、Maashaさんのパワフルなプログラムに参加して、フィットネスというかエンターテインメントのような楽しさがあって、気持ちよく汗を流すことができました。

身体を動かしたい・ボディメイクをしたいけどトレーニングを続けるのができないという方、とにかく前向きに楽しく運動に取り組みたいという方、日頃のストレスをスカッと解消したい方など、さまざまな人におすすめです。

本記事のリリース情報

ウェルビーイングメディア【Wellulu】にボクシングフィットネスジムNOA 新宿店の体験記事が掲載されました!

RECOMMEND

←
←

Well-Being Challenge!

【暗闇トランポリンフィットネス jump one(ジャンプワン)体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【Dr.stretch(ドクターストレッチ)体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【西武フィットネスクラブ 体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【BurnesStyle 体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【スタジオ・ヨギー体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

WEEKLY RANKING

←
←

Wellulu-Talk

【原田夏希氏】田舎と東京、海外での生活を経て辿り着いた家族のウェルビーイング

Biz 4 Well-Being

ペットと人が家族のような愛情で結ばれる世界を実現するために。業種を超えて共創するペットウエルネス事業【インターペット2024 セミナーイベントレポート】

Wellulu-Talk

【佐藤ゆみ氏×今岡うえき氏】ジェンダーフリーの次は、エイジフリー! 100年時代、老いも若きも年齢で制限されない社会を築くためのヒントを探る

Wellulu-Talk

【小野千恵子氏】自分に向き合えることが幸せ。挑戦の心と感謝の気持ちで掴むウェルビーイングとは

Wellulu-Talk

【島田由香氏】「楽しそう」「ポジティブ」な私でも、鬼婆(ONBB)になる。ウェルビーイングに大切な自分との対話とは