Well-Being Challenge!

公開日:  / 最終更新日:

【セントラルスポーツ体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

セントラルスポーツは、日本で初めて「フィットネスクラブ」を設立した長い歴史を持つ総合型スポーツクラブ。

トレーニングマシン以外にもレッスンプログラムやスクールレッスンなどのサービス、温泉やサウナ、プールなどの設備が充実しており、幅広い世代の健康サポートをおこなっている。

「セントラルスポーツが気になっている人」や「どこのジムに通うか悩んでいる人」に向けて、編集部が実際にセントラルスポーツの体験へ。

どのような人がセントラルスポーツに通っているか、初心者向けのおすすめプログラムなど、セントラルスポーツの特徴についてお話を聞いた。

今回体験した場所

【セントラルウェルネスクラブ 新浦安店】
住所:千葉県浦安市入船1-4-1 イオン新浦安店4F
電話番号:047-350-2255
公式サイト:https://www.central.co.jp/club/shinurayasu/

今回案内してくれたトレーナーさん

小泉 日菜(こいずみ ひな)さん

学生時代、セントラルスポーツのある店舗でアルバイトをはじめ、受付(レセプション)業務とスタジオレッスンインストラクターの二刀流で活躍。
入社後はスタジオレッスンだけでなく、キッズスイミングのコーチなどさらに活躍の場を広げる。

※記事内で紹介する料金やキャンペーン、サービス内容は体験時の情報です。現在は内容が異なる可能性がございます。

「セントラルスポーツ」のフィットネス体験へ

今回、体験にやってきたのは、セントラルウェルネスクラブ 新浦安店。

JR京葉線新浦安駅の目の前に建つ「イオン新浦安店」の中にあり、新浦安駅中央改札南口からわずか徒歩3分。イオン新浦安店の駐車場とも提携していて、2時間まで無料(以降300円/30分)で利用できるそう。

また、イオンに共用駐車場・新浦安駅に駐輪場(有料)があるので、車や自転車でも通いやすい。

1. 入店:ついでにお買い物も!イオン新浦安店の4階

店舗があるのは、「イオン新浦安店」の4階。運動ついでに日用品のお買い物ができるのも、テナント店の魅力の1つ。

施設は、1フロア+屋上の構成。屋上には、スクールレッスンや施設レンタルで利用できるフットサルコート、屋外テニスコートがあり、ジムやスタジオ、プールなど、一般的なクラブ会員の月会費内で利用する施設は、1フロアにおさまっている。

2. 受付:受付票の記入/施設の説明

まずは、受付で体験料500円をお支払い。その後テーブルに案内してもらい、名前や生年月日、緊急連絡先などの基本情報、体験に来たきっかけや利用したい設備などを受付票に記入していく。

記入をしながら、設備や会員制度など、新浦安店の詳しい説明をいただく。

セントラルスポーツは、ジムとスタジオに特化した小型な施設「ジムスタ」や、スケジュールが不規則な人でも使いやすい「24時間ジム」、ジムとスタジオ、プールが使える「フィットネスクラブ」や、さらに浴場やサウナも充実した「ウェルネスクラブ」など、さまざまなニーズに合わせたスポーツクラブを展開しているそう。

── 同じセントラルスポーツのジムでも、店舗によってこんなに特徴が違うんですね!

小泉さん:そうなんです、新浦安店は「ウェルネスクラブ」にあたり、お風呂やドライサウナを完備していて、女性はミストサウナも利用できます。

同じウェルネスクラブでも、店舗により設備が多少異なるのですが、プールも20mと25mの2面あり、スカッシュコート2面、ゴルフレンジ、屋内・屋外テニスコート、フットサルコートなど、ほかと比べても設備面ではとくに充実している店舗です。

── すごい充実度ですね。体験ではどのエリアを使用できるのですか?

小泉さん:新浦安店での体験は、トレーナーが一緒に周るようなスタイルではなく、通常のクラブ会員と同じように、施設内を自由に使っていただいています。月会費に含まれているマシンエリア、スタジオ、プール、スパ、サウナなどの施設は、好きなだけ利用していただいて構いません。

ゴルフレンジ(330円/30分)やスカッシュコート(330円/30分)などは、会員でも別途料金が必要な施設なので、体験希望の際はインストラクターにお声掛けください。

── 自由に周れるなら、入会後のイメージもつきやすいですね。今回はマシンエリアを使いたいのですが、あまり使用経験がなく・・・。

小泉さん:もちろん、ご不明点があればトレーナーがサポートするので、気軽にお声掛けください!今日は初心者向けのマシンをご紹介しますね。

説明を受けた後は、体験用のバンドをもらってロッカールームへ。

ウェアやシューズ、タオルなどは有料レンタルがあるので、運動用の服を持っていない人や当日忘れてしまった人でも安心。

3. 着替え: 使い勝手抜群のロッカールーム

男女それぞれ340台以上設置

男女別のロッカールームには、さまざまなサイズの無料ロッカー(鍵付き)が完備されている。

縦長ロッカーは洋服を畳まずそのままかけることができ、ロングブーツの収納にも便利。また、顔の高さあたりに扉があるロッカーは、扉の内側に小さな鏡がついているなど、使い勝手がよい。

※プライベートロッカー452台、シューズ専用のロッカー464台

無料ロッカーとは別に、月額契約制のプライベートロッカー(330円〜1,100円/月)やシューズ専用のロッカーも完備。シューズやお風呂セットなどの小物はもちろん、スカッシュラケット、ゴルフクラブなどを置いておくことができる。

身だしなみや体型チェックに重宝する大きな全身鏡があるほか、ロッカー奥には独立洗面台があるパウダールームも。運動後、入浴後にゆっくりとメイク直しや髪のセットができるのは魅力的。

スパは広々としているので、トレーニング終わりに利用する人も多いとのこと。シャワーはゆったりと座って使えるカランタイプと、さっと汗を流せるスタンディングタイプの2種類がある。

テレビ付きのドライサウナも完備。十分な人数が入れる広さで、スパやサウナのみで利用されている人も多いのだそう。

ウェアに着替えたら、いよいよジムエリアの体験へ。

4. ジムエリア体験:ウォーミングアップで身体を温める

体験自体は、1人で自由に施設を使うシステムだが、希望者には「目的や悩みに合ったマシンの提案」「使い方のサポート」をおこなっている。

今回は「マシンを使いたいけど、使用経験が少ない」と相談し、使い方を教えていただくことに。

まず案内してもらったのは、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動ができる「トレッドミル」。

急に走ると筋肉を傷める可能性があるので、最初はゆっくりスタートし、徐々に速度をあげていく。10〜15分もすると身体が温まってくる。

── スピードと傾斜が調整できますが、どのくらいを目安にしたらいいですか?

小泉さん:ランニングのペースに関しては、一人ひとり体力にも差があるので、お客さんに合わせてご案内しています。一概に目安はお伝えできないのですが、ウォーミングアップなので、きつすぎない程度で大丈夫です。

また、少しでも傾斜がついていると「かかとからしっかり踏み込むことができる」ので、足の筋肉を効果よく使うことができます!だいたい1.5〜2.0の傾斜をつけるのがいいかなと思います。

5.ジムエリア体験:初心者におすすめのマシン3種に挑戦

──初心者におすすめのマシンが知りたいのですが、どれから始めたらいいでしょうか?

小泉さん:「くびれをつくりたいから、お腹のマシンだけをやる」など、偏った運動をしていてもなかなか効果を実感するのは難しいんです。

「大筋群」と呼ばれる身体の中でも大きな筋肉を最初に鍛えると、脂肪が燃えやすい身体をつくることができるので、運動を始めたばかりの人には大筋群を鍛えるトレーニングをおすすめしています。

今回は大筋群を効果的に鍛えられる、初心者でも簡単に使えるマシンを3種紹介してもらうことに。

1つ目は、太ももとお尻に効く「レッグプレス」。背もたれにしっかり背中をつけ、ひざの角度が90度になるようシートを調整したら椅子に座り、板を押すようにして足を曲げ伸ばしする。

── どのくらいの負荷がおすすめですか?初めて使うマシンは、いつも負荷の調整に戸惑ってしまいます。

小泉さん:そうですよね。新浦安店では、重り調整の部分に「初心者におすすめのマーク」をつけて、負荷の参考にしてもらえるよう工夫しています。ぜひマークを参考に取り組んでみてください!

2つめは、胸を鍛える「チェストプレス」。こちらも初心者おすすめマークの負荷で挑戦。椅子に座り、バーを握ったときに、バストトップとバーの高さが一直線になるのを目安にシートを調整する。

ポイントは胸をしっかり張ること。背中が丸まってしまうと胸に効かせにくいので、後頭部を背もたれにぴったりつける。ぐっと胸を張った状態でバーを押し引きするのがよい。

最後はバーを胸の前にぐっと引くようにして、背中の筋肉に効かせる「ラットプルダウン」に挑戦。バーは肩幅より若干広めの位置で、左右のバランスが同じになるように握るのがポイント。

背中が丸まっているとうまく筋肉を動かせないので、斜め上を見て胸をぐっと張った状態で、脇を絞るようにしてバーを引いていく。

── 肩甲骨周りが締まっている感覚です!腕にも力が入っている気がしますが、フォームはあっていますか?

小泉さん:はい、大丈夫です!それぞれのマシンは、名称の横に身体の絵が書かれていて、力が入る筋肉の部分が赤く表示されています。

このマシンだと、背中と上腕の部分が赤くなっていますね。赤くなっているところ以外に力が入るようだったら、フォームを見直した方がよいかもしれません。

「腕を細くしたいから、二の腕の運動をたくさん繰り返す」というよりも、こうやって大きな筋肉を鍛えながら、一緒に腕にも効かせていくというやり方が最初は効率よくトレーニングできるんですよ。

── 「気になる部分をとにかく動かす」というイメージを持ちがちですが、大筋群から鍛えることで、さまざまなメリットがあるんですね。

今回教えていただいた3種目は、10〜12回を3セットおこなうのが目安だそう。始めたばかりの頃は正しいフォームを覚えたり、使い方に慣れることを目標に無理なく取り組もう。

6. スタジオレッスン体験:人気の「AIR CYCLE FITNESS」に参加

セントラルスポーツは、スタジオレッスンの豊富さも魅力の1つ。独自のプログラムもあり、とくに人気が高いのは、音楽に合わせてバイクを漕ぐ「AIR CYCLE FITNESS(エアーサイクルフィットネス)」。

AIR CYCLE FITNESSには、初心者向けのリズムライド、慣れてきた人向けのパワーライドがあり、今回はリズムライドのスタジオレッスンに参加させてもらうことに。

スピンバイクにまたがったら、楽しい音楽と先生の明るい掛け声でレッスンスタート。

最初はゆったりと自転車を漕ぐところからはじめ、徐々に流れている音楽に合わせるようにペダルを踏んでいく。

ペダルの負荷は手元のレバーで自分で調整できるので、辛すぎない重さで取り組めるのもポイント。

AIR CYCLE FITNESSのレッスンは、4〜5曲の構成で計30〜40分。途中、ゆったりした曲調が一変し、坂道に突入する場面も。サドルからお尻を上げたら、お腹に力を入れ身体を低くして、漕いで漕いで漕ぎまくる!

リズミカルな音楽に、先生の元気な声掛け、そして周りで一緒に頑張っている仲間がいることで、きつい瞬間もありながらもどんどんとやる気が出て、あっという間にレッスンが終了。

スタジオレッスンは、空きがあれば当日でも参加ができる。事前にネットでレッスン予約ができるので「せっかく来店したのに満席でレッスンが受けられなかった」という心配はないそう。

体験中も、満席でないスタジオレッスンは自由に受けることができるので、ぜひ興味があるものに挑戦してみよう!

「セントラルスポーツ」のトレーナー小泉さんにインタビュー

施設を体験した後は、今回案内してくれたトレーナーの小泉さんに、トレーナーになった経緯や、セントラルウェルネスクラブ新浦安店でおすすめのプログラム、狙い目の時間帯など、入会前に知っておきたい気になる疑問を聞いてみた。

国語の教員免許も取得、元々は教員志望だったが・・・

── 小泉さんがトレーナーになられたきっかけは何ですか?

大学時代は教員志望だったんです。体育でなく、国語の教員免許を持っています!

大学に通いながら「人に何かを教える」という経験が積めたらと思い、セントラルスポーツの別店舗で受付スタッフ、キッズスクールのインストラクターとしてアルバイトを始めたのがご縁でした。

お客さんとの関わりであったり、レッスンを担当するための社内資格を取って活動を始める中で、このご時世でもありますし「運動を通してみなさんに健康を提供できる仕事」って素敵だなと思うようになったんです。

そのうち、この仕事を続けたいと思うようになり今に至ります。

──学校とはまた違う場所で「教える仕事」に就くことになったのですね。

そうですね。キッズスクールも担当しているのですが、スクールではお子さんに教え、夜のスタジオレッスンではお子さんのお父さんがいらっしゃるなど、親子どちらも教えているという、家族ぐるみのお付き合いも多いんです。

学校の教員でも、自分が受け持っている子どもたちに指導をすることはあっても、親子揃って指導をしたり、こんなに幅広い年齢の人を教えるという経験はなかなかできないですよね。そういった点でも、とてもやりがいを感じています。

── いろんな年代の人とお話しをする機会があるかと思いますが、コミュニケーションで心がけていることはありますか?

まずは第一に、お客さんと直接顔を合わせる「接客業」であるので、丁寧さはもちろん大切にしています。

さらに、スポーツクラブは健康を提供する場なので、ここにきて元気な気持ちになってもらい、楽しく運動に取り組める空間をつくることが大切だと思っています。

「明るさ・元気さ・爽やかさ」はとくに意識してお話しするように心がけていますね。

幅広い年代に愛される地域密着店

──新浦安店にはどのような年代のお客さんが通われていますか?

ベビースイミングに通う生後6ヵ月のお子様から、リハビリや健康維持を目的に通われる80歳近くのお客さんまで、とにかく幅広い年代の人が通われています。

在籍されている年齢層に偏りはありませんが、時間帯によって来店される年齢層には偏りがありますね。

── どんな年代でも通いやすいのも店舗の魅力の1つですね。どの時間帯にどんな人が通われていますか?

開店からお昼過ぎまでは、比較的ご高齢のお客さんが多く、スタジオやプール、スパなどを中心に利用されています。ちなみに新浦安店にはスクーバ―ダイビング等の講習、レッスンをおこなうダイビングプールもあるんですよ。

もちろんジムエリアを使用する人もいらっしゃいますが、この時間帯はそれほど多くはない印象がありますね。

お昼過ぎから夕方にかけては、キッズスクールの時間帯なので、小学生の子どもたちが続々やってきます。

夕方以降、閉店にかけての時間帯は、お仕事終わりに通われる若い人も多くいらっしゃるので、ジムエリアも賑わいます。

── 比較的空いている、狙い目の時間帯はありますか?

平日・休日問わず開館時間はいつでも利用できるというプランはもちろん、ほかにもさまざまな会員種別を用意していまして、平日は昼間のみ利用される人、夜のみ利用される人がいらっしゃいます。

昼間のみの人は利用が17時まで、夜のみの人は19時から入館できるので、入れ替わりの時間にあたる17時〜19時は狙い目かもしれません。

開店時間に合わせて来る人も多いです。昼過ぎから夕方になるにつれて、徐々にお帰りになられて、人数が減っていくというのもありますね。

エリアの混み具合でいうと、人気のプログラムが開講されている時間帯は、スタジオに人が集まっているので、ジムエリアが空いている印象です。

初心者も安心してジムデビューできる「はじめてサポート」

── 今日の体験中はマシンの使用法などいろいろ教えていただきましたが、入会後も不安な点はトレーナーさんに質問できるのですか?

運動初心者さん向けに、セントラルスポーツでは「はじめてサポート」という制度を設けています。

今の身体の状態をチェックしたり、目的に合ったマシンの使い方をお伝えするなど、ジムに慣れるためのサポートをおこなっています。

店舗によって回数が異なりますが、新浦安店では4回まで無料で受けていただけます。

── これまで全くマシンを使った経験がない人でも、入会直後からサポートをしてもらえるなら安心ですね。

はい!強制ではないので、以前別のジムに通っていてマシンを使っていたなどの理由で受講されない人もいますが、ジムが初めてという人にはぜひ受けてもらうようにおすすめしています。

第1回目では、体脂肪量や筋肉量、体の筋肉のバランスなどを測定できる「InBody測定」をして、その数字を元に目標設定や使用するマシンなどのご案内をするようにしています。

── 自分の身体をチェックできるのも嬉しいサービスですね!

店舗によって料金に差はありますが、新浦安店では550円/回でInBody測定ができます。「はじめてサポート」を受けると測定も無料になるので、これだけでも随分とお得です!

運動を続けても、すぐに効果が実感できない場合もありますが、InBody測定の結果で細かな数字を見ていくと、目では見えなかった成長をしっかり感じられることが多いんです。

定期的に測定をして数字でも自分の変化をみていくことで、モチベーションアップにもつながりますよ。

運動初心者でも取り組みやすい、多彩なスタジオレッスン

── 初心者におすすめのスタジオレッスンはありますか?

初心者向けのレッスンには、スケジュール表に「初心者マーク」がついているので、これを参考にしてもらえればと思います。実は初心者マークがついているレッスンがほとんどなので、初心者でも安心して参加できるものが多くなっています。

店舗として推しているのは先ほど体験していただいた、音楽に合わせてバイクを漕ぐ「AIR CYCLE FITNESS」ですね。脚やお尻の筋肉にも効果的ですが、有酸素プログラムにカテゴライズされていて、脂肪を燃やしたい人にもぴったりなんですよ!

バイク導入店舗のほとんどで開講されています。この春でバイク導入店舗もぐんと増え、いろんな店舗でレッスンを受けられるようになりました。

── 実際に体験し「これなら続けられる!」と思える楽しさでした。筋力アップを目指す人におすすめのレッスンも教えていただけますか?

バーベルを使って運動をする「シェイプパンプ」ですね。

バーベルと聞くと、中上級者向けのイメージを持つ人もいるかもしれませんが、バーベルは自分で重さを決められるので、無理ない負荷で楽しめるのが特徴です。初心者の人でも安心して取り組んでいただけますよ!

こちらもセントラルスポーツおすすめのプログラムの1つで、区の体育館などの広い会場を借り、いろんな店舗からインストラクターや会員さんが集まって、一緒に「シェイプパンプ」をおこなうイベントが開催されるほど、とてもファンの多いプログラムです。

CS Liveでトップインストラクターのレッスンが受講できる

── スタジオのスケジュールをみていると、レッスン名に「CS Live」と書かれたものがありますね。これはなんですか?

これは、スタジオでインストラクターが実際に指導をするのではなく、映像を見ながらおこなうレッスンです。

「CS Live」が導入され、全国の人気インストラクターのレッスンをご自身の通うクラブやご自宅でもご体験いただけるようになりました。

── 楽しそうなレッスンが豊富に揃っていますね!

今の風潮だと、コンパクトな施設で手早く運動できる小型店のジムが増えているという傾向にあるんです。ですが、私たちのような総合型のスポーツクラブの強みって、ジムもあり、スタジオもあり、ちょっと気になるものを見つけたら「これもやってみよう!」が気軽にできることだと思います。

ヨガなどのストレッチ系、ズンバなどのダンス系、冷え性など身体の仕組みを学ぶ座学のようなレッスンまで、さまざまなものがあるので、いろいろ試しながら合うものを探してみてください。

パーソナルトレーニングで、目的に合った最適な運動を!

── パーソナルトレーニングはどのような人が受けられていますか?

大きく分けると、痩せたい、筋肉をつけたいなど「ボディメイク」を目的とした人と、膝や腰の動きが悪くなってしまったなど「機能改善」を目的にいらっしゃる人の2パターンですね。

パーソナルトレーニングと聞くと、筋トレのイメージが強いかと思いますが、ストレッチに特化したプログラムもあり、1人では伸ばしにくい箇所にアプローチできる「ペアストレッチ」などもあります。

筋トレだけでなく、いろんな角度から理想の身体に近づけるようにサポートさせていただいています。

── ちなみに、どのくらいの頻度で受けられる人が多いのですか?

パーソナルトレーニングを受ける目的や、身体の状況によって、個人差が大きくありますね。

受講の頻度が高い人には、都度払いよりも、1回あたりの金額が少しお得になる回数チケットをご案内しています。そういったチケットを利用して、週1のペースでしっかり受けられる人もいれば、月に1回〜2ヵ月に1回ほどの人も多いです。

入会時に、パーソナルトレーニング(30分)の受講チケットを2枚プレゼントしているので、まずはどんなものかお試しされてみるのがおすすめです!

1〜2回目で気に入っていただけて、3回目以降は有料で続けられているという人もいらっしゃいますよ。

充実の設備と豊富なプログラムで、楽しく運動習慣を身につけられる

── 本日はありがとうございました!最後にどこのジムにするか検討している人、体験に行こうか悩んでいる人に一言お願いできますか?

ジムに通われた経験がない人は、ジムに来るというだけで少しハードルが高いイメージがあるかもしれません。セントラルスポーツでは初心者の人でも楽しく続けられるようサポートが充実しているので、安心して足を運んでくださればと思います。

運動は習慣化するのが大切ですが、総合型スポーツクラブでは、マシンやプール、多彩なスタジオレッスンなど、とにかくいろんなことにチャレンジできる環境が整っているので、ご自身が楽しく習慣化できる運動がきっと見つかるはずです。

どんな年代の人でも、運動が好きな人でも苦手な人でも、大歓迎です!店舗でお待ちしています。

編集後記

2面あるプールをはじめ、テニスコートやゴルフレンジなど、ジム、スパ、サウナ、スタジオ以外の設備の充実度に感動しました。録画や生配信も取り入れた、スタジオプログラムの豊富さもとても魅力的だと思います。

また、マシンの重りに初心者におすすめの目安がシールで示されていたり、入会後も手厚い「はじめてサポート」が受けられたりと、運動初心者でも安心して通える環境づくりが素晴らしかったです。

いろんなスポーツ・レッスンに触れる機会があり、運動初心者であっても、自分にあった楽しみ方を見つけられるのも、幅広い年代の人に長年愛され続ける理由の1つだと感じました。

RECOMMEND

←
←

Well-Being Challenge!

【ダンディハウス PERSONAL GYM体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【ミットネス体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【ワールドプラスジム あきる野店体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【パーソナルジムかたぎり塾 体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【ボクシングフィットネスジム ノア体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

WEEKLY RANKING

←
←

Wellulu-Talk

【原田夏希氏】田舎と東京、海外での生活を経て辿り着いた家族のウェルビーイング

Biz 4 Well-Being

ペットと人が家族のような愛情で結ばれる世界を実現するために。業種を超えて共創するペットウエルネス事業【インターペット2024 セミナーイベントレポート】

Wellulu-Talk

【佐藤ゆみ氏×今岡うえき氏】ジェンダーフリーの次は、エイジフリー! 100年時代、老いも若きも年齢で制限されない社会を築くためのヒントを探る

Wellulu-Talk

【小野千恵子氏】自分に向き合えることが幸せ。挑戦の心と感謝の気持ちで掴むウェルビーイングとは

Wellulu-Talk

【島田由香氏】「楽しそう」「ポジティブ」な私でも、鬼婆(ONBB)になる。ウェルビーイングに大切な自分との対話とは