Well-Being Challenge!

公開日:  / 最終更新日:

【24/7Workout(トゥエンティ―フォーセブンワークアウト)体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

24/7Workoutは1人ひとりの目的や悩みに合わせた「100%完全オーダーメイドメニュー」を提案している。

トレーニング以外にも、「リバウンドしないための食事管理」や「モチベーションや楽しさを重要視したコミュニケーション」など、お客さんにより沿ったサポートが魅力のパーソナルジム。

今回は「24/7Workoutが気になっている人」や「どこのジムに通うか迷っている人」に向けて、編集部が実際に無料カウンセリング体験へ。

実際のカウンセリング内容やトレーニングメニューの組み方、どのような人が来店されているのかなど、気になる疑問にも答えてもらったので入会を検討している人はチェックしてみて。

今回体験した場所

【24/7Workout 渋谷店】

今回案内してくれたトレーナーさん

小澤 颯太さん(トレーナー歴4年目)

24/7Workoutパーソナルトレーナー

24/7Workoutのパーソナルトレーナーとして、運動や機能改善の処方、お食事のアドバイス、店舗業務などのさまざまな業務に携わる。
【心掛けていること】
お客様のニーズに応える以上のことをする。身体が変わり自信が持て、もう一生お身体に悩みを持たなくてもいいようにしたい。
この人に会えば元気がもらえる、幸せになれるそう思える人を目指しています。

「24/7Workout」の無料カウンセリングへ

今回、体験にやってきたのは24/7Workout 渋谷店。

JR渋谷駅 B4番出口から徒歩7分、東京メトロ表参道駅から徒歩10分の場所にある。都心に位置しており、駅からも近いため徒歩でも通いやすい。

受付・カウンセリング:目的や目標に沿った最適なプランを提案

扉を開け、店舗に入ると笑顔が素敵なトレーナーの小澤さんがお出迎え。体験希望の旨を伝え、カウンセリング室へと案内してもらう。

カウンセリングでは、初めに「来店理由や目的」「現在の体重や目標体重」「食生活」などのヒアリングから始まる。

その後、ジムに通う期間を計算し、どのようにダイエットやボディメイクをおこなっていくかなどの説明をしてくれる。

── 在宅ワークの増加により、体重が1年半で7キロも増えてしまいました。体重を減らすためにパーソナルジムを検討しています。

小澤さん:体重を減らすには「ダイエット」と「ボディメイク」の2種類の方法があることをご存じですか?どちらも似ているようで、まったく異なる減量法なんです。

まずは、どちらの方法が平井さんに適しているのか確認していきましょう!平井さんは「なぜ減量をしたい」とお考えですか?また、目標の体重などはありますか?

── 以前の体重に戻したいので、7キロの減量を目標にします!ダイエットとボディメイクは異なる減量法なのですね。

小澤さん:私たちが定義する「ダイエット」とは、運動と同時に摂取カロリーも大幅に落とし、1ヵ月に5キロや10キロなど大幅に体重を減らす方法です。

減量中のプロボクサーや、健康や生命に影響が出るほど体重が増えてしまった人向けの減量法といえるでしょう。短期間で体重を落とせるメリットがある一方、リバウンドリスクが高い減量法でもあります。

人間の身体は、ある一定のラインまで体重が減ってしまうと、生命を維持するための「恒常性機能」が働きます。この機能が働くと、体重が落ちにくくなったり、減量の反動で食欲が一気に増し、いわゆる爆食いをしてしまうのです。

一方で「ボディメイク」は、しっかりと食事をとり、筋肉量は落とさずに脂肪だけを減らして行く方法です。平井さんは、以前の健康的な体型に戻されたいということなので、ボディメイク法が適していると言えます。

── ボディメイク法について詳しく教えてください。

小澤さん:先ほど、急激に体重を落としてしまうと「恒常性機能」が働くと説明しましたが、恒常性を働かせず、かつ筋肉量を落とさずに減量していく方法が「ボディメイク」です。

たとえば平井さんの体重が55㎏だとすると、「体重の約5%にあたる2.75kg」が、ひと月で無理のない落とし幅となります。

必要な食事はしっかりと摂りながら、トレーニングで筋肉量も維持するため、基礎代謝も下がりません。そのため。リバウンドリスクも低くなるんですよ。

── 健康的に減量したい人にはピッタリですね!ちなみに何ヵ月ぐらいで目標のマイナス7キロを目指せるのでしょうか。

小澤さん:55kgから48kgを目指すと仮定すると、1ヵ月目…ー2.75kg、2ヵ月目…ー2.6kg、3ヵ月目…ー2.4kg、計-7.75kgがざっくりとした計算になります。

3ヵ月あれば-7kgを目指せる計算になりますが、無理せずゆっくりと減量したい場合は、4~6ヵ月の期間を設けてもいいかもしれません。

このように、通う期間はお客様それぞれの体重や目標体重をもとに計算し、プランを練らせていただきます。平井さんは無理なく減量をされたいとのことなので、今日は、初心者向けのトレーニングをしていきましょう!

カウンセリング時間は60分間。自分に合った減量方法などさまざまなヒアリングや説明をしながら、しっかりとした目標や期間を定めてもらえるため安心感がある。

体験準備:手ぶらでOK!レンタルも充実

24/7Workoutでは、無料でウェアの貸し出しをおこなっているため、手ぶらで通うことができる。

今回は、ウェア上下、靴下、シューズをレンタル。他にも、タオルやトレーニング中のドリンク、トレーニング後のシャワー用アメニティも無料で使うことができる。

── 何も持って来なくても、そのままトレーニングできるのはすごく便利ですね!

小澤さん:お仕事終わりにスーツで来店し、ウェア一式をレンタルされる人が多い印象です。ご近所にお住まいで、家の鍵だけ持って来られるお客さんもいらっしゃいます。靴のサイズも取り揃えておりますので、お気軽にお申し付けください。

着替えが終わったら、早速トレーニング開始!

パーソナルトレーニング:100%オーダーメイドのトレーニングメニュー

24/7Workoutでは、決まりきったトレーニングメニューやマニュアルがない。

1人ひとりに合わせて、専任のパーソナルトレーナーが100%オーダーメイドのメニューを提案してくれる。今回は、ボディメイク初心者向けのトレーニングを実施していただいた。

トレーニング開始前に測定をおこなう。専用の測定器に乗り、体重や体脂肪率、代謝をチェック。体重の増減だけでなく、代謝が落ちていないかも重要なポイントなのだそう。

小澤さん:トレーニング前の測量は毎回必ず実施します。ボディメイクは筋肉量や基礎代謝値を落とさないことが重要なんです。体脂肪率がきちんと落ちているか、基礎代謝は落ちていないかを、ここでしっかりとチェックしています。

まずはウォーミングアップで、5分間バイクを漕いで身体を温める。漕いでいる最中も、小澤さんはコミュニケーションを欠かさない。

小澤さん:今朝は何を召し上がりましたか?

── おにぎりとお味噌汁を食べました。

小澤さん:和食でいいですね。もう一品、おかずでタンパク質を取り入れたほうがいいかもしれません。脂質や糖質よりも、タンパク質を取り入れることを意識してみましょう。

このように、トレーニング最中にも食事や生活習慣について確認し、アドバイスをおこなっているとのこと。

身体が温まってきたので、ここからはトレーニングに挑戦。

小澤さん:スクワットは大腿四頭筋とお尻の筋肉を鍛えるトレーニングです。大腿四頭筋は身体の中で一番大きな筋肉ですので、鍛えることで効率よく筋肉量を増やし、代謝を上げることができます。それでは早速やっていきましょう!

── かなり太ももに効きます……

小澤さん:いいですね!もう少しお尻を後ろに突き出して、フォームを意識しながら屈伸していきましょう。狙った筋肉にきちんと効かせるためには、正しいフォームでおこなうことが重要です。もう10回、頑張ってみましょう。1.2.3.4……

── なんとか10回、終えることができました!

ワンセットおつかれさまです!最後はフォームも修正され、とてもよくできていました。次回も、鏡でフォームを確認しながら屈伸することを意識してみてください。

少しでもフォームが崩れていたり、安定していないときは、すぐに修正のアドバイスをしてもらえるため、安心感がある。また、常に隣で前向きな声掛けをしてくれるので、1人では挫折しそうな重さでも、最後までやり遂げることができた。

小澤さん:次はラットプルダウンをやっていきましょう。背中と脇の筋肉を使うトレーニングです。こちらも大きな筋肉ですので、鍛えることで痩せやすい身体になります。

肘の角度が90度になるようにバーを下げます。みぞおちは鏡に向かって張り出すようにしてください。肩の筋肉ではなく、背中の筋肉を使う意識でバーを上げ下げしましょう。

── 重さはどの程度がベストなのでしょうか。

小澤さん:安定したフォームをこなせるぐらいの重さがベストですが、人によってがんばれる度合いは違いますので、一人ひとり相談しながら調整していきます。辛いときは「辛い」とハッキリ仰っていただいて大丈夫です!無理のないペースで、しっかりと鍛えていきましょう。

ラットプルダウンは、背中や脇周りをスッキリさせる効果もあるとのこと。半袖や水着を着る夏にもピッタリのトレーニング。

小澤さん:ベンチプレスは大胸筋を鍛えるトレーニングです。二の腕の引き締め効果もあります。「筋トレBIG3」とも呼ばれており、消費カロリーがとても大きなトレーニングなんですよ。続けていくことで脇周りや鎖骨ラインを綺麗に見せることができます。

── はじめてチャレンジするので、やり方を教えてください。

バストトップにバーが来るように構え、肘の角度が90度になる位置でバーを握ります。注意点は、肩が上がらないようにすること、バーの延長線上に肘が落ちるようにすることです。

胸はしっかりと張ってください。ではやってみましょう!1.2.3.4……

──フォームは大丈夫でしょうか。

すこし上げ下げが浅いので、胸の位置までしっかりとバーを下げていきましょう!キツさは大丈夫でしょうか?苦しくてむずかしそうな場合はいつでも声をかけてくださいね。

ジムなどでよく見かけるベンチプレスは、筋トレ上級者向けの器具だと思っていたが、しっかりと指導してもらえたため今後は1人でもチャレンジできそう。正しい筋トレ方法を知識として落とし込めるのも、パーソナルトレーニングの魅力だと感じた。

また24/7Workoutでは、パーソナルトレーニングにプラスして、オプションでストレッチメニューもおこなっている。

筋トレ後のストレッチは、トレーニングで疲弊した筋肉をリラックスさせる効果や、身体の可動域を広げ、柔軟性を高める効果がある。

トレーニングが終わったら、着替えを済ませ受付へ。今日の振り返りをしながら、プロテインを飲み、無料カウンセリングは終了。

「24/7Workout」のトレーナー小澤さんにインタビュー

トレーニングを体験した後は、今回案内してくれたトレーナーの小澤さんに、トレーナーになった経緯やお客様と接するうえで大切にしていること、メニュー内容、食事制限についてなど、気になる疑問に答えてもらった。

自分の体型にコンプレックスを感じ、始めた筋トレがきっかけに

── 小澤さんがトレーナーになられたきっかけは何ですか?

筋トレに出逢ったことで、自分に自信を持てるようになったことがきっかけです。

高校まで野球をやっていたのですが、大学進学と同時に辞めてしまい、運動量が減ったことが原因で一気に体重が増加してしまいました。「デブ」などといじられることもあり、自身の体型にコンプレックスを感じていたのですが、友人からジムに誘われたことをきっかけに、筋トレにハマっていきました。

すると、体型もみるみると変化していき、久しぶりに会った人たちからは「すごく変わったね!」「筋肉すごいね!」と褒めてもらえるようになったんです!

体型が変わると同時に、自信も持てるようになり、すべての物事がうまくいくようになりました。

過去の自分のように、身体にコンプレックスを抱えている人たちのサポートをさせていただきたい。そのような想いから、大学卒業後に新卒で24/7Workoutへ入社し、現在に至ります。

── 悩んでいる人の手助けをしたいとの想いからトレーナーになられたのですね。色々な悩みを持たれたお客さんががいらっしゃるかと思いますが、コミュニケーションで心がけていることはありますか?

トレーナーからの一方的な指導にならないよう、お客様自身に話していただける雰囲気作りを心がけています。会話をする際には、必ず疑問形で質問を投げかけ、答えが返ってくるような流れを意識していますね。

「質問する」「聞く」を繰り返すことで、その人の状況をより深く把握することができるんです。パーソナルトレーニングは、信頼関係がとても大切になってきますので、お客様のことをより深く理解し、信頼していただけるよう勤めています。

── カウンセリングやトレーニング中も、たくさん質問してくださるので、ついつい話しすぎてしまいました!とても会話がお上手だなと感じたのですが、他のトレーナーさんも同様なのでしょうか?

はい!24/7Workoutでは、トレーナーのコミュニケーション研修がしっかりと実施されています。一定の基準をクリアしたら与えられる資格や試験などもあるため、会話スキルの高いトレーナーが在籍しているんです。

年齢・体型・目的・生活習慣から導き出す、100%オーダーメイドメニュー

── ちなみに、どのような悩みを抱えた人が来店されているのでしょうか?

一番は、やはりダイエット目的です。「自分でダイエットにトライしてみたけれども挫折してしまった」という方や「自分で通うタイプのジムで成果を出せなかった」という方「リバウンドしてしまった」という方が7割を占めています。そして、ほとんどのお客様が筋トレ初心者さんです。

ほかには、身体を大きくしたい人や、ボディビルダーの大会を目指されている人、健康維持目的の人もいらっしゃいます。

年齢層も幅広く、20代~70代のお客様が通われています。メインとなる年齢層は30代~40代です。

── 初心者の人が多いと聞いて安心しました。挫折も失敗もしなさそうですね!

そうですね。「挫折しない」「結果が出る」というのが、パーソナルトレーニングの一番のメリットと言えます。

辛い筋トレやダイエットも、二人三脚であれば辛さが軽減しますし、道しるべに沿って実践するだけで身体が目に見えて変化するので、半信半疑にならず安心してトレーニングに取り組めるんです。

1人だと「これで合っているのか」「別の方法も試してみよう」と軸がぶれてしまうこともありますが、痩せるための道しるべがあれば、迷うこともぶれることもなくなります!

── それぞれのお客さんに、どのようなメニューを提案されていますか?

100%オーダーメイドでメニューを組んでいるため、「絶対にこの内容!」といった決まりはありません。その人の体型や食生活、なりたい理想像などに合わせてメニューを組んでいます。

一例にはなってしまいますが、ダイエット目的の方ですと、筋肉量を増やして代謝を上げることが重要になってきます。そのため、大腿四頭筋や背筋、胸筋など、身体の中でも大きな筋肉を効率的に鍛えるメニューを組むことが多いです。

筋肉を付けて身体を大きくしたいという方や、大会を目指されている方には、鍛えたいパーツごとにメニューを組むこともあります。

── 一人ひとりに合わせてメニューを組んでもらえるのは嬉しいですね!ちなみに、どのぐらいの頻度で受けられる人が多いのですか?

週2回のお客様が一番多いですが、ニーズに合わせて週3.4回通っていただいている方もいます。通う頻度も、ご要望や目標に合わせて調整が可能です。

3食しっかりと食べ、無理なく理想の体型に

── お客さまごとに合った食事指導もおこなわれていると伺いました。

ジムでのトレーニングと並行して、LINEでの食事アドバイスもおこなっています。その日食べた食事をLINEで報告していただき、摂取しすぎているものや、足りていない栄養素などをお伝えしています。

適している食事は、男性と女性とでも違いますし、摂取してもいいカロリーも人それぞれ。食事制限で感じる辛さにもばらつきがあるため、その方に合ったものを提案していますね。

たとえば、3食サラダや鶏肉などのタンパク質メインで過ごせる人もいれば、甘いものがなければストレスで挫折してしまう人もいるかと思います。

過度なストレスを感じてしまうと、かえって身体によくないですし、挫折してしまう原因にもなるため、無理なく食べて痩せられるメニューを提案しています。

── 24/7Workoutさんは「3食食べるダイエット」を提唱されていますが、そもそもなぜ「食べる」ことを推奨しているのですか?

大前提として、しっかりと食事を摂らないと、パーソナルジムへ通い終わった後に大きなリバウンドをしてしまうリスクがあるからです。

食事を摂らなければ、筋肉量が落ち、代謝が低下してしまいます。すると1日の消費カロリーが減り、痩せにくく、リバウンドしやすい身体になってしまうのです。

一方で、3食バランスの良い食事を摂り、そこにトレーニングを組み合わせることで、筋肉量はそのままに、余分な脂肪だけを燃焼することができるんですよ。

自分に合ったオリジナルメニューで、目的や理想に合った最適なトレーニングを!

── 本日はありがとうございました!最後に、パーソナルジムを検討されている人や体験に行こうか迷われている人にメッセージをお願いします。

一度ご来店いただければ、痩せる道しるべやビジョンをご提案させていただきます。無料体験でも、カウンセリングや簡単なトレーニングを、ご希望に応じて実施しております。

「トレーニングはきつそう」「挫折しそう」といったイメージがあるかと思いますが、そんなことはありません。来ていただき、体験していただくことが第一歩につながります。

みなさまのご来店を、スタッフ一同お待ちしております!

編集後記

今回はじめてパーソナルトレーニングを体験しましたが、本当に「通いたい!」と思うほど、充実した内容でした。

とくに100%オリジナルでメニューを考えていただける点や、スタッフさんのコミュニケーション能力がとても高い点、3食食べられるメニューを提案していただける点が魅力的だと思います。

なぜこの運動をするのか、なぜこれを食べたほうがいいのかなど、すべての物事にダイエットのメカニズムを織り込みながら説明していただけるため、納得感があり効果も期待できそうだと感じました。

本記事のリリース情報

ウェルビーイングメディア【Wellulu (ウェルル)】で渋谷店が紹介されました。

RECOMMEND

←
←

Well-Being Challenge!

【西武フィットネスクラブ 体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【ホットヨガスタジオ LAVA 体験レポート】気になることをインストラクターに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

【栗原ジャスティーン氏×アンダーアーマー】自分の身体を守るためにもスポーツ時のウェア選びは重要

Well-Being Challenge!

【ELEMENT(エレメント)体験レポート】気になることをトレーナーに聞いてきた!

Well-Being Challenge!

顧客体験の可能性を広げて理想のフィットネスライフをサポート【Feelin’Good×hacomono】

WEEKLY RANKING

←
←

Wellulu-Talk

【原田夏希氏】田舎と東京、海外での生活を経て辿り着いた家族のウェルビーイング

Biz 4 Well-Being

ペットと人が家族のような愛情で結ばれる世界を実現するために。業種を超えて共創するペットウエルネス事業【インターペット2024 セミナーイベントレポート】

Wellulu-Talk

【佐藤ゆみ氏×今岡うえき氏】ジェンダーフリーの次は、エイジフリー! 100年時代、老いも若きも年齢で制限されない社会を築くためのヒントを探る

Wellulu-Talk

【小野千恵子氏】自分に向き合えることが幸せ。挑戦の心と感謝の気持ちで掴むウェルビーイングとは

Wellulu-Talk

【島田由香氏】「楽しそう」「ポジティブ」な私でも、鬼婆(ONBB)になる。ウェルビーイングに大切な自分との対話とは